スポンサーサイト

-- -- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年の年越し ー 台北101の花火

2013 01 02
今あらためて振り返ってみたが、年をまたぐ瞬間が海外なのは初めてだった。

12/29-1/1の4日間を台北で過ごし新年を迎えた。
狙いは台北101の年越し花火。509mの高さを誇るビルの壁面に仕掛けられた花火が縦横無尽に噴き出される演出が見どころで、今年は「米CNNが選ぶ年越し十大都市」にランクインするほど有名になった。
過去の動画はYouTubeに溢れている。日本では観られなさそうな派手な景色に息を呑むはずだ。これは是非一度は生で観ておきたい!台北行きの飛行機はハイシーズンで高騰していたが、少し貯まったお金の放出先はここになった。

(とか言ってみたけど、スバルーバル旅行の方が高かったです)

事前に過去の動画や場所の情報を探して情報を集めた。ストリートビューも見ておおよその景色も把握した。
そして当日、ようやく念願の年越し花火を見ることができたのだった。

元旦を越えて落ち着いたところで、今年の動画もYouTubeに上がっているのを見た。そうそうこんな感じ…
http://www.youtube.com/watch?v=wwb0sGenIzk

だが改めて見て、直後に思っていたことが確信に変わる。

今年のはあんまり派手じゃなかったな…

音は終始タンタンタンという音が中心で、圧倒されるような派手な音はなかったのだ。煙で見えないということもあまりなかった。
今年はフランスの業者が担当したというのがこれまでとの大きな違いだが、意図的に煙を抑える花火を使用した結果、比較的大人しい花火になったようだ。

http://tjmw.com.tw/staff/101hanabi/
今年はECOの為スペイン製の花火を使用しており、排気量は今までより4500kg少なく、2/3の削減に相当します。

http://taiwantoday.tw/ct.asp?xItem=199864&ctNode=1887
花火と共に生まれる濃い煙で、後半は常に見づらくなるという指摘に対し、台北101では、今年の花火は欧州から持ち込まれるもので、煙の少なさが特徴と説明。


個人的には少し物足りない気もあったけれど、煙るのを防ぐため同じ所で何度も打ち上げないようにやってるところとか工夫したんだろうなぁと思う次第。
スポンサーサイト

スバールバル諸島への道 とりあえず導入編

2012 09 08
この7月にノルウェーに行き、スバールバル諸島まで到達してきた。
せっかく辺鄙なところに行ったので、記録をしておこうと思う。

ノルウェー本土は北欧の端っこにある。スウェーデン、フィンランドと3つ仲良く川の字に並んでいると思いきや、北の方ではノルウェーが覆いかぶさるように領土を伸ばしている。
その本土を離れバレンツ海を跨いだところの北極海に、スバールバル諸島は浮かんでいる。


こんな場所

スバールバル諸島は人が定住する地としては最北に位置する。ノルウェー領でありながらノルウェーの法律が適用されず、また課税もされない経済特区の顔も持つ。そのような地域になったのは、、、ノルウェーも面倒くさいけれどもなんとなく国として持ってはいる、という感じがある。
島自体は不毛の大地だ。寒さは厳しく植物は大して育たない。文化が醸成されることもなく、優美な建造物などもない。

だが、それがいい!!

北極圏に位置するため、夏は白夜と、冬は極夜になる。この地域では白夜と極夜はそれぞれ4ヶ月で、7月はまさにその時期。
一体どんな時間感覚になるんだろう。
どんな人が生活しているんだろう。
どんな生き物がいるんだろう。
そんな興味に突き動かされて、この旅の準備をすることになった。

最大規模の集落ロングイェールビーン。この明るさで真夜中。ホッキョクグマ警告。注意ではなく警告。

スバールバル諸島にはオスロ、あるいはトロムソからスカンジナビア航空で行くことができる。他にもあるかもしれないが、このどちらか以外は見ていない。航空券サイトで探せば割と普通に見つかる。ExpediaとBooking.com様々。
この旅ではノールカップを経てトロムソからスバールバル諸島に入り、出る時はオスロへ行く、という進路をとった。

全体としては他の地域の旅行も含めてこのような旅程となった。
day01 --- 成田→オスロ
day02 --- オスロ
day03 --- オスロ→アルタ
day04 --- アルタ→ホニングスボーグ
day05 --- ホニングスボーグ→トロムソ
day06 --- トロムソ→ロングイェールビーン
day07 --- ロングイェールビーン
day08 --- ロングイェールビーン
day09 --- ロングイェールビーン→オスロ→ヘルシンキ
day10 --- ヘルシンキ←→タリン(日帰り)
day11 --- ヘルシンキ
day12 --- ヘルシンキ→成田
導入編として紹介的なのを書いたところで時間が来てしまったので、ここまで。この後でこの旅行を文字と写真で追っていくことになる予定。

参考
歴史 http://www.geocities.co.jp/SilkRoad-Lake/2917/zatsu/iroiro.html
日本語の旅行情報 http://www.bekkoame.ne.jp/~bluemt/Svalbard/index.html

遠かった近所の話

2012 03 31
近所のある銭湯に行った。買い物や出掛けの帰り道で大抵見かける場所にあったのだが、これまで一度も行ったことはなかった。
いつでも行けるような場所というの必要がなければ行かないものだ。それがなぜ行くことになったのか。なぜその必要が出てきたのか。
それはこの3月の自分の体調にある。

3月の半ば、風邪を引いた。
体温計が久々に自分の高熱を明らかにしてくれたことに多少の感謝をしつつ、会社を早退した。
風邪で熱が出た時は、決まって部屋を暖かくして厚着をして体を温めてひたすらに寝る。それでどっと汗をかけば治る。それが自分の得た経験則だ。
今回も同じようにやった。どっと汗をかいた感はあまりなかったのだが、熱はすぐに下がってひとまず安心していつものように会社に行った。

異変はしばらくして起こった。
熱が下がった後も喉に引っかかるような感じがして、咳が出ていたのだが、小康状態ならよくあることだろうとマスクをしていつものように過ごしていた。
だが、それが落ち着かないどころか悪化していくのだ。声が枯れてきて音の出ない吹奏楽器のようなことになった。
たまたまそういう時に限ってメールで済まない、話せないとかなり微妙な用事が控えていた。高熱で倒れていてはそもそも参加もままならなかったのだが、声が出ないのはつらい。
結局、声が思うように出ないのは4、5日続き、咳は2週間続いた。

長く続く咳に嫌気が差し、早く直したいと思って健康なふりをするための運動をしようと思った。
ここ数ヶ月の仕事の増量と寒さでついサボっていたランニングや水泳をするなら今しかない。そうして次の土日に外出したのだが、ここでも異変が起こる。
熱を下げようとした時にも感じた、あまり汗をかかない状態がまだ続いていた。
基礎代謝能力の危機か。何にしろ、汗をかくことを体に思い出させないと、この体調も直らないわ後の健康も損なうわで良いことがない。

そして辿り着いたアイデアは「サウナ」だった。
熱いお湯に浸かって、サウナに入って汗腺を爆発させれば嫌でも思い出すはずだ。
思い付くなり、Googleマップを検索する。会社の帰り道にはなく、近所の銭湯がヒットした。
家から1km圏内の温泉だというのに、PCからインターネット経由の長旅をして、営業時間や正確な場所、サウナの有無を確認する。今まで興味がなかったものなど、そんなものだ。自分の視野が狭かったとかではない、はず。

こうして近所の銭湯を、初めて利用することになった。

周辺でランニングをした後で、23時過ぎに銭湯に入る。
ネットで調べたとおり、普通のお湯と温泉の黒湯とサウナがある。そしてこれも調べたとおりだが、熱い。水温計が46,7°Cを指している。お湯を手足で掻くと痛みを感じる程の熱さだ。
お目当てのサウナも相当なものである。いや温泉よりひどいかもしれない。まず足を付けられないほど床が熱い。水を撒いてから再度入室を試みるも、すぐに立っていられなくなる(座ったらもっと酷い目に遭うが)。「焼け石に水」の諺を深く噛み締める。

これでは汗をかくどころではない。途方に暮れて中庭で表面が熱くなった体を冷ます。
中庭は銭湯に設けられた、外気と繋がった場所だ。春っぽい風を感じながらサウナを攻略する作戦を考える。
ガラス越しに、数人サウナに入っていく様子を見た。彼らはやはり洗面器に汲んでおいた水を撒いている。しかしその後、どうするのか。1分もすればその床も台座も熱を取り戻すはず。
その疑問はすぐに解消された。彼らは椅子を台座の上に置き、その上に座ったのだ。
水の入った洗面器を足元に置き、かかとだけを台座の端につけ、プラスチックの椅子の上に座る。3人ほどしか入れないサウナで、みな同じポーズで座っている。そのややシュールな光景に唖然としつつも、これが常連の技か、と膝を打ったのだった。

同じポーズで座り、汗をかいて出た。でもやはりちょっと熱すぎた。
結果として本調子までは今なお戻っていないのだが、また挑戦したいと思う。
体調が戻ったらまた必要がなくなってしまうかもしれないが、このアクシデントと出会いをひとときの楽しみとして味わうのも悪くない。

基本をおさえれば、世界でも通じる

2012 02 05
「世界級キャリア」とか「国際派プロフェッショナル」という文句に釣られますた。



そもそもこの著者である石倉洋子女史を知ったきっかけは、懸賞が当たってタダで行けた六本木ヒルズのセミナー。
で、大体何か本とか出してるのかな~ととりあえずぐぐってみたらこれが出てくる。
セミナーの最後にも結局ご本人から宣伝された(笑)

カバーと本の序章に書いてある2人の著者を見てみる。なるほど輝かしい経歴だ。
その2人が「世界級キャリア」を築いてきた「国際派プロフェッショナル」を語る内容だとすれば
彼らこそが「世界級キャリア」を築いてきた「国際派プロフェッショナル」そのものか、
あるいはそれに近い存在なのだろう。

ちなみに、本書内で「国際派プロフェッショナル」については説明がされているが、「世界級キャリア」については特に触れられてはいない。
章のタイトルでも一貫して「国際派プロフェッショナル」について言及しているところを見ると、そっちはさして重要ではないのかと。
「国際派プロフェッショナル」がどうあるべきかという手段が「世界級キャリア」ということなのだから。

「国際派プロフェッショナル」については、Part1でそれぞれの言葉で2通り説明されている。
ここは正直読んでみても、よくわからない(笑)
「国際派」「プロフェッショナル」どちらも辞書の定義を超えて話してるし、2人が意見を出しているのでなんだかブレストのまんま見ているような感覚になるのだ。
以降、それぞれの定義で読み進めていかなければいけないので、ついていくのはちょっと難しい。

そんな2通りの説明のうち意見が一致しまとまった要件が、Part3にある5つの力である「現場力」「表現力」「時感力」「当事者力」「直感力」と理解できる。
今となっては「力」と言われた時点で何だか微妙な気分になるが、Part3にはそれぞれについて定義・重要性・その力を付けるためにやるべきこと、やめるべきことがまとまっている。
といっても、これもできるビジネスパーソンになるためのなんたらとあまり変わるわけでもない。

結局のところ、必要な力というのはもっともっとベースにある能力(この本では5つの力で説明)なのであり、
いかにその基礎能力をもって適切なコミュニティに関わるか、またそこでいかにその基礎能力を運用させるかだと思う。

ということで、「基本をおさえれば、世界でも通じる」と締めておきたい。




あ、あとこの手の本を読むときに常に忘れてはいけないのは、「こうすればできます」なのではなく、「できる人はこうしている」であることだが、それを再認識できました。。。


ムービー編集に、iMovie HDとJavie。

2012 01 04
結婚式二次会用のムービーを作ったのですが、
この時Javieにだいぶお世話になったので、メモしておこうと思います。

Javieとは、動画の加工や編集をしたりするソフトです。
機能は色々とありますが、個人的に特にお世話になったのは、字幕・画像挿入。

これまで3年間くらいはずっとMacでiMovie HD[1]のみを使って編集していました。
使っているv6.0.3は2006年リリースなので、かーなり旧いソフトなのですが、
UIが非常に優秀、かつちょっとした編集には充分すぎる機能を持っていることもあり、
今でも大活躍の動画編集ソフトなのです。


iMovie HDでの動画・音声制御のタイムライン。
フェードイン・アウトとかドラッグアンドドロップで簡単。
友人がこれ使ってるのを見てたまげて、「何それ教えて!」と頼んだくらい。

ただしiMovie HDにも弱点というか足りない機能が。
それが、字幕・画像挿入。
iMovie HDにも字幕を入れる機能はあるし、それはとても使える機能なのですが、全てがアップル社のセンスの良いエフェクトがかかっていてカスタマイズ性に乏しいのが難点です。
もっと直接言ってしまえば、ただただ文字をパッと出してパッと消えるエフェクトが何で無いんだろう。。。そんなぼやっと出てきたりふわっと動いたりしなくてもいいのだよ!

ということで、このクセのあるiMovie HDのサポート役になってくれたのがJavie。
テキストの位置指定、装飾がiMovie HD以上に自由に設定できます[2]。



iMovieよりややとっつきにくいものの、これくらいのカスタマイズはちょっとの時間でOK。

「ある時間ではここ、別の時間ではあそこ」という指定をしておけばその間を移動させることも可能。
動画・画像の配置も自由にできるので、エンドロール作りが非常に捗ります!


あ、PremiereとかAfter EffectsとかFinal Cutを買えばいいじゃない、と思った方はすみません。
これはそんなプロのツールまでは要らんという人のためのものです。

iMovie HDがすごいなと思ったのは、その操作の分かりやすさと入手の楽さ。動画編集というもののハードルを劇的に下げたと思います(その点では、Windowsムービーメーカーも忘れてはいけない)。JavieもAfter Effectsライクな機能を備えつつフリーであることがすごい。

楽しいから、みんなもやればいいのに!

というわけで、Javieの解説どぞー。
GPUを使用して軽快に動作する動画加工・編集ソフト『Javie』
http://veadardiary.blog29.fc2.com/blog-entry-2632.html



---

[1] 「iMovie HD」であって「iMovie」ではないことに注意。

[2] PCのスペック上、かなり機能が制限されているバージョンを使わざるを得なかった。
おそらく最新のはもう少し安定しているだろうし、機能がより充実していただろう。。
ちなみにこれ↓
フォーラム: バグ報告 - コンポに動画を入れると落ちる - Javie - SourceForge.JP
http://sourceforge.jp/forum/forum.php?forum_id=22961&thread_id=29594


 | HOME | Next »
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-xxxxxx-x"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。