スポンサーサイト

-- -- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

直視か逃避か、それとも。

2006 09 23
若者はなぜ3年で辞めるのか。
ただただタイトルの文字に釣られて読みました。
そりゃ気にもなる。

若者はなぜ3年で辞めるのか? 年功序列が奪う日本の未来若者はなぜ3年で辞めるのか? 年功序列が奪う日本の未来
城 繁幸

光文社 2006-09-15
売り上げランキング : 131
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


年功序列制度から成果主義へと変わる今の中間の段階にこそ、その理由がある。
いつまで経ってもやりがいのない雑務ばかり・・・
自分には何年経っても昇給の見込みはなく忍耐が報われない・・・
と両方の悪い面が現れてしまうから。

年功序列で甘い汁をすすった欲深い老兵が、若者をすり減らす。これが日本企業の現状。
しかしそれでも若者は進むしかない。
やるべきことは、今感じている閉塞感の原因を明らかにすること、そして年功序列制度の根源にある「昭和的価値観」から抜け出して「何のために働くのか」その答えを見つけ出すこと。

要はというか印象に残ったのはそんなところ。
「他人を見下す若者たち」的な、若者を切り刻む展開かと思ってたらそうでもありませんでした。
レビューだのサブタイトル見ればわかりそうな話ですが、そうしなかったもので。。
ただ「若者の視点で」といった紹介ほどの視点はない気も。

それで損したってわけじゃないです。充分に考えされられます。
最後の章では「何のために働くの」なんて問いが出てくるし。
時期も時期で幾度となく考えたつもりですが、聞かれるといつもビクッとしてしまう自分が。

年功序列と絡めて新卒と既卒の壁にも触れてました。
就活における既卒の苦労>>>(越えられない壁)>>>新卒の苦労
どっかみたいに表現するならこんな感じ。既卒は門前払いばかりだそうです。
その理由は、日本企業が年功序列のシステムを維持する為の明瞭な線引きとして
「新卒か既卒か」を使うからだとか。

何で新卒じゃなきゃいけないのか常々疑問に思ってたけどこれなら一応納得。
理由はなくてそれが習慣付いてるって企業も沢山ありそうですが。
なんとなくその方がお金と人が回って得だから、くらいの。

近い話で野村総研からレポートが出たらしく、これを取り上げたブログがあったので紹介しておきます。とりあえず後で読みます。

おちゃめクールの周回遅れブログ - 企業側に求められるコミュニケーション能力
http://d.hatena.ne.jp/ochame-cool/20060919/p1


現状。
「何も考えるな」とは言われませんが「やるべきことやれ」とは言われます。はい。
自分でもそう思う。動かにゃ事は変わらん!

スポンサーサイト
Comment

管理者のみに表示
Trackback
『若者はなぜ3年でやめるのか?』城繁幸著 光文社新書。なんとなくタイトルが気になって手にとってみたこの本。あっという間に読了してしまった。著者は『内側から見た富士通「成果主義」の崩壊』という大ベストセラーとなった本の著者でもある。この度発売となった本書は
« KO | HOME | Rの彼女はL »
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-xxxxxx-x"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。