スポンサーサイト

-- -- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見えざるものの犠牲者

2005 08 23
友人が「あなたには感受性が足りない」と言われたらしいです。
聞いてみるに、たぶんここで言ってる「感受性」とは「感性」と同じっぽいです。

友人は凹んでいました。まぁ凹むでしょうね。
その場で反証することは非常に難しいので、考えるほどドツボにはまります。
ここにも感性の犠牲者がいました。

でもどうすればいいの?
「すげぇ!」とか、「ファンタスティック!」とか「んーまろやか」とか
言っておけばいいのでしょうか。

そんなんじゃないんでしょうが、まぁ、言うなれば、
「もっと表現しようよ」だとか「感性の表現が足りない」
ってこと・・・?なのかと思いました。

そんなんで済めば良いんですけど。
それだったら親切なアドバイスだし、良い話になりそうだから。

えっそれって人格否定ですか?っていう人も中にはいます。
正攻法じゃ話になりません。
こういう人には
「(ワタシ的にOKな)感性が足りないよ」
→ 「(ワタシ的にOKな)世の中でやってけないよ」
くらいでものを言っているので一言
「あなただって私に言わせれば、感性が豊かとは言えませんね」
と猿真似でもしておけばいいかと。。。
自分=スタンダード という勘違いにやんわりと気付かせること。

相手はどんな素晴らしい返答をしてくれるでしょうか。
本当に素晴らしい返答があったら、深刻に受け止めて、素直に尊敬すればいい。

過去にやってみたら、相手は煙に巻いて違う話題にそらしてくれました。
余計な角を立てずに済んだみたいで。

友人に、その場でうまく整理して言えなかったところとか、
せっかくなのでここで書いてみました。
犠牲者の考えです。



スポンサーサイト
Comment

管理者のみに表示
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-xxxxxx-x"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。