スポンサーサイト

-- -- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pocket WiFi使用でトマト祭りストリーミング中継を試みる(準備設定編)

2010 09 04
(結論から言うと失敗なのであしからず、、、)

すっとばしてトマト祭りを見たい方はこちら


DROIDに活躍を



日本にいると3G回線に繋げられない米国産DROID君が哀れなので、
何かこう、いくらかcoolな使い方はないものかと模索していた。

使い方はぐっと広がるのはPocket WiFiあるいはどこでもWiFiなどの利用。これがあれば、(実質)どこでもネットに繋げられることになる。iPod TouchがiPhoneに進化するくらいにはなる。(電話使えないけど)

さらにそれが海外旅行でなら、強力ツールになるなぁ…
で、DROIDをネットに接続させられれば、現地情報調べたり、翻訳したり、メールしたりできる。ハイパーなんとかの高城さんだって、「SIMフリーのiPhoneをゲットして旅に出よう」ってことで本に書いちゃうくらいその便利さを讃えている。(こんな本書いてるんだ…と地味に驚いた)

ネットが繋がるなら、○○なう!もUSTもできるじゃない!
それなら、トマト祭りがもっと楽しいはず!

こうして、今年、ぼんやりと行きたいと思っていたスペイン旅行のプランが具体性を帯びてきた。


国内・現地での物品調達


この発想が出てまもなく、航空券を片っ端から検索、購入。
通信機器はSIMフリーであることが絶対条件のため、Pocket WiFiを購入。
(当時、あまり深く考えずにSBMのC01HWを選択してた。イー・モバイルのオリジナル?であるD25HWではない)

USTREAMのアプリも入れて試してみたところ、配信もそこそこの質で可能だとわかった。
これで、日本で準備すべきものは整った。

あと予備知識を得ておくと、
スペインの電話会社は6つほど。
先人がYoigoでの接続を確認していた。(記事詳細は無料だけど要会員登録)

では、スペインにGO!

                   ,'⌒,ー、           _ ,,..  X
                 〈∨⌒ /\__,,..  -‐ '' " _,,. ‐''´
          〈\   _,,r'" 〉 // //     . ‐''"
           ,ゝ `く/ /  〉 /  ∧_,. r ''"
- - - -_,,.. ‐''" _,.〉 / /  . {'⌒) ∠二二> -  - - - - - -
  _,.. ‐''"  _,,,.. -{(⌒)、  r'`ー''‐‐^‐'ヾ{} +
 '-‐ '' "  _,,. ‐''"`ー‐ヘj^‐'   ;;    ‐ -‐   _- ちょっとトマト投げてくる
 - ‐_+      ;'"  ,;'' ,''   ,;゙ ‐-  ー_- ‐
______,''___,;;"_;;__,,___________
///////////////////////


スペインはバルセロナから入国。
サクラダファミリアも行かず、レンタサイクルを借りて携帯屋を探す。
地図にある、ウニベルシター駅からサン・アントニオ通り周辺でいくらか発見できた。
で、あたってみる。

Orange → 「それモデムでしょ?モデムに差せるのはないよ!」
Vodafone → 混んでいて諦めた。イー・モバイルがローミングで指定しているので多分OKだったと思われるが。
movistar → 「売ってあげるけど、動作は保証できないよ」といいつつ、テストまでさせてくれた。購入。(EUR15)
Yoigo → Phone Houseという総合代理店的なものを見つけたので、そこで購入。(EUR20)
購入は、パスポート(あるいはその番号を控えたもの)があれば可能。


大きな地図で見る

ちなみに、バルセロナでは「The Phone House」を探せとおすすめもされている。とても参考になる記事。
結局、土曜のバルセロナをチャリで旅して、movistarYoigoのSIMをゲット。


Pocket WiFiの設定


何気に面倒だったのがここ。

1)まず、SIMカードにかかっているPINロックを解除すること。

movistarは最初に店員さんが解除してくれていたのだが、Yoigoはやっておかなかったのでハマった。PINロックがかかった状態では通信ができない。そして、Pocket WiFi単体ではそれを外せない。
さてどうするか。Pocket WiFiをUSBで接続するか、WiFiで接続した上でブラウザで設定画面へ行けばPINロックを解除できる。

A. USBで接続→接続してドライバをインストールし、192.168.1.1から設定画面へ。
B. WiFiで接続→192.168.1.1から設定画面へ。

当時、Bの方法を知らなかったので、ネットカフェへ行きひたすらユーロを消費して設定していた。。orz 通信が確立されていなくても、Pocket WiFi-デバイス間でのWiFi接続は可能。


2)次にAPN、ユーザ名、パスワードの設定をすること。

最初これを知ったとき、何だよそれと思ってしまった。。。今でも何のためにあるのかよく分からなかったり。ひとまず、この設定も重要。
ことスペインに関しては、この表のとおりやればOKのようだ。
引用元。


ここまでやれば、あとはお目当てのキャリアの電波を来させるのみ。

Yoigo=Xferiaらしい。こちらは、YoigoのSIMで接続に成功したときの様子。
接続キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!

一方、movistarではTM Espanaを掴むのだが、これではネットができなかった。「データ通信できるやつだよね?」と一応確かめたのだが…。というわけで、終始movistarのSIMは役に立たず、Yoigo頼みとなった。TM Espanaは今回のような目的では使えないと結論。


シンプルに方法をまとめるならこの手順が良い。と、まとめておく。

Pocket WiFiを使用してモバイルデバイスをネット接続するなら…
1. Yoigoのデータ通信用SIMカードをPhone Houseで購入。契約情報は購入時に仕入れること。
2. SIMカードを挿し、Pocket WiFiの電源を入れる。
3. WiFiをON。デバイスと接続させる。
4. デバイスのブラウザから192.168.1.1へ接続。設定画面が出るのでログイン。
5. PINコードを入れてをロックを外す。電源ONのたびにロックしないようにもしておく。
6. プロファイル設定でAPN、ユーザ名、パスワードの設定をする。(APNを"internet"に。あとは不要)
7. Xferiaと接続させる。



SIMカードの維持


トマト祭り以降の話なのだが、Yoigo SIMがインターネットに繋いでくれなくなってしまった。チャージが切れたのだと思って、Phone Houseへ5ユーロチャージするも、それでもダメ。チャージがあまりにケチ臭くてだめだったのか、使い切った後に設定が変わってしまったか(考えにくいが)…。ここは情報不足で原因不明。


さて、こちらは準備編ということで、一旦区切り。
後半はいざトマト祭り突入編と、結果編ということで書きまーす。
スポンサーサイト
Comment

管理者のみに表示
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-xxxxxx-x"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。