スポンサーサイト

-- -- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ろんちー

2009 03 26
もし、日々沢山のファイルをさばく必要があるなら、Launchyを使わない手はないです。

執刀医が「クーパー」と言って手を出したら、隣で助手がクーパーをサッと手渡す。そんなシーンは(なぜか)多くの人が想像できるところかと思いますが、Launchyのやってくれることはまさにそんな感じ。

開きたいものの正確な名前を、少しでも記憶してタイプできれば、すぐにアクセスできます。

ショートカットで起動 → ファイル名の一部をタイプ → Enter  でOK。

マウスを動かしてフォルダを探して…というのは、手元の皿をカチャカチャとして探すようなもの。
探すのがいやな人、かつキーボード派には最適です。

Launchy
http://www.launchy.net/


やってることは、検索対象のフォルダの中身をカタログにしておいて、こちらのタイプと同時に検索して表示する、という具合なのですが、どこのフォルダ、どのファイル形式を検索対象とするかを指定しておけば使い勝手が上がります。

「My Documents」の「WordとExcelとPowerPointファイル」を検索対象とする、とか、「*.*(全てのファイル)」を検索対象とするとか、そんなふうにやれば○。
ファイルを保存する時も、名前が分かるようにするとか通し番号を入れておくとかしておけば、呼び出しの精度が上がって使いやすいはず。

Macな方にはQuicksilver。僕はむしろ最初はこっちに出会いました。

Quicksilver
http://www.blacktree.com/



ここ最近、SleipnirからFirefoxに乗り換えたり、こんなツール入れてみたり。
一回カスタマイズにハマると黙々とやってしまう~
スポンサーサイト
Comment

管理者のみに表示
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-xxxxxx-x"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。