スポンサーサイト

-- -- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

めりくり詐欺とDQ4

2007 12 26
めりくりです。

今日、うまい棒30本を抱えて帰る女性を見たのですが、何だったのでしょうか。
至極幸せそうな笑顔だったのでそれ以上追究しませんが。いや逆にするべきか。
中に1本金の延べ棒とかあったとかだったら幸せでしょうね。

さて僕はというと、ドラクエ4(リメイクの)やってました。
もう過去のものも含めると5回目とかなんですが、さすがに飽きてます。
でも、ドラクエ4は個人的な思い入れがあったりします。

以降思い入れのために長いです。

オリジナル作品の発売は1990年2月。もうすぐ18年。
それだけの時を経てなお人気を誇っている(DS版は1ヶ月で100万本)のは驚くばかりとか言うのも、ありふれた文句。

で、18年前と言えば僕は小学1年の純粋極まる少年だったわけです。
きっかり時間を戻せば、もちろんクリスマス。
僕がサンタクロースにお願い事をしていたのは、
何を隠そうドラクエ4でした。

ん。まだ発売してないじゃないか。

そう思ったアナタは非常に聡明な方です。
その通りです。まだこの時点では未発売です。

でも純粋極まる少年はある日、物欲のままに発言してしまいました。
あるいはサンタクロースとやらを試したい好奇心のままに、か。
クラスにはちらほらとサンタ不在説を吹聴する輩もいて、
そいつらにドラクエ4見せればひっくり返るに違いないとか思ってましたし。
純粋って恐ろしい。

「きっと、サンタクロースならば届けてくれるだろう。
・・・本当なら」

イブの夜は遠足の前日のような高揚感でしたが、割と素直に寝ました。
前置きの割にはあっさりしています。曖昧な記憶のなせる業なのでお許しを。

朝はちょっと早起きです。
いつもの場所(やや遠い)に忍び足で向かいました。
もちろん、心臓はバクバクです。
どんな大きさで、どんな色をしているんだろうと期待してました。

が、そこにあったのは思っていたのとは全く違う、封筒。
もうこの頃から近眼だったのですが、やっぱりどう見ても封筒です。

開くと、妙にざらつく折りたたまれた大きな紙。
よくわからない文字がタイプされて並んでいました。何語だよ!
もう1枚は小さな紙。人の顔と"50"の文字。お金?
何が何だか。でもこれだけは確かです。ドラクエじゃない。

やはり無理は言っちゃだめだったのか?
ワガママを言った自分への罰?
もうこの先何も貰えない?

もう不安で不安で、親を起こしました。
「ドラクエじゃないんだ」
母に泣きつきましたが、大きな紙を見るなり匙を投げた顔で父にパス。

父が眼鏡を手に取り、しばらくの間。
「読めるかもしれない」
そんなこと言われちゃあ、僕は頼るしかありません。
こっちはもうサンタの、否、プレゼントの行方が心配で心配で。

父はゆっくりと目で文をなぞり、解読を始めました。

「ごめんなさい・・・私は確かに君の欲しがっていた物を見つけ・・・・・・袋の中に入れた。しかし、いざ君のいる日本に向かっている時だ・・・・・・ルーマニア辺りで・・・私の持っていた袋は・・・・・・撃ち落とされてしまったんだ。下にいた兵士に。落としたプレゼントはがんばって探したけれども・・・見つからなかった。せっかく楽しみにしていたのに、本当にごめんなさい。この50ドルで・・・君の欲しかったものを買ってもらうといい。メリークリスマス」

サンタすげぇぇぇええええ!!!
撃ったのはどこのどいつだぁああああ!!!
ルーマニアってどこ?

とにかく、そこまでやってくれたんじゃ仕方がありません。
物欲まみれ少年でも50米ドルで勘弁してあげる他ありませんでした。
そして、そんな事件に巻き込まれたせいで
サンタクロースなるとんでもない人物の存在を否応なく信じる
というか疑わなくなることになってしまったのです。

結局2月まで待ち、銀行で50米ドルを両替してもらって買いに行った、
なんていうエピソードも付いて、ドラクエ4をゲットしたのでした。
そんな訳で、その存在自体が無駄にインパクトの大きい、ドラクエ4です。


今年の漢字は「偽」、人の為すことだそうですが、
為し遂げてしまえば幾分マシにはなるもんですねぇ。
この話を真とするか偽とするかは、読んだ方にお任せしときます。
---














こっそりマニアックな報告。
リメイクDQ4の裏ボスであるエビルプリーストを初期装備で撃破しました。
普通にやるのはもう飽きたので、ドMプレイに走ってみました。

だいたい40程度のレベルが必要であろうところを、初期装備かつ平均36.5という低レベル、かつピサロは初期レベルのままで撃破したので、かなり満足。

もう少し厳しくするなら
・ピサロの初期装備をあえて外す(特にはやぶさの剣が強力)
・種のドーピングをしない
でしょうか。

名前LvHPMP攻撃力守備力素早さ装備
ピサロ35359276258126131隼の剣・ゾンビメイル・鉄の盾
勇者363032141504478銅の剣・布の服・皮の帽子
クリフト382801846560111こん棒・旅人の服
ミネア37284162936197銅の剣・絹のローブ
・ドーピング
力の種でピサロを強化。
不思議な木の実で勇者を強化。
命の木の実でクリフト、ミネアを強化。
素早さの種でミネアを強化。

名前持ち物(初期装備+)
ピサロ世界樹の葉、世界中の雫、祈りの指輪×2、魔法の聖水×2、時の砂
勇者祈りの指輪、魔法の聖水×2、力の盾
クリフト世界樹の葉、世界中の雫、祈りの指輪×2、魔法の聖水×2、祝福の杖
ミネア世界樹の葉、祈りの指輪、魔法の聖水×2、賢者の石、力の盾、皆殺の剣


第3形態までは省略。第4形態からが勝負です。

エビプリの輝く息は220ほど持っていかれますので、
まともに食らったら基本瀕死!
ドーピングのないクリフト(258)・ミネア(225)に至っては
ほぼ死んでました。

そう、こんなんじゃわたし耐えられない!ということで
今まで取っておいた種を投入してみたのでした。
これでだめならレベル上げようと・・・

で、どうしたのか。

ピサロとクリフトはひたすらに回復。
余裕のある時に勇者とクリフトのMPを回復させます。
勇者のギガデインが攻撃の要。
多少危なくともひたすらに打ち込みます。
他が死んだらベホマズン。
ミネアはフバーハ。2人以上死んだらメガザル→MP回復。

こんな感じで、しずくも葉も惜しみなく使います。

勇者のMPの回復が辛くなってきた頃、
もうだめだぁ!と決死の覚悟でピサロのイオナズンも加えて攻めたら、
最後のギガデインでようやく倒れてくれました。
歓喜の叫びというよりは、安堵のため息。

ピサロの攻撃の後、勇者のギガデインで決めた、というと
なかなか聞こえはいいじゃないか、と思いながら
ハッピーエンドを眺めていたのでした。

参考:装備禁止クリア(HPと行動パターンは特に参考になりました)
http://www.geocities.co.jp/playtown/9563/dq4naked.html

変に思い入れがあるとこんな蛮行に走ったりします。。
スポンサーサイト
Comment
その話
もちろん覚えています。
でも、俺の頭の中では「ソリごと墜落」だった、、、
たしかに、それだったら手紙も届かないわな。

いやぁ、すげえよサンタ。



何が凄いって発想力が。
尊敬に値するね。
あへ
おお、歴史の証人がいた。
いやソリごと落っこちたかも。ただプレゼントが飛び散った!という、その点は確か。

まぁとにかく、サンタヤバイ。マジヤバイ。
うまく信じ込ませる手口てんこもり。

管理者のみに表示
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-xxxxxx-x"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。