スポンサーサイト

-- -- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年の年越し ー 台北101の花火

2013 01 02
今あらためて振り返ってみたが、年をまたぐ瞬間が海外なのは初めてだった。

12/29-1/1の4日間を台北で過ごし新年を迎えた。
狙いは台北101の年越し花火。509mの高さを誇るビルの壁面に仕掛けられた花火が縦横無尽に噴き出される演出が見どころで、今年は「米CNNが選ぶ年越し十大都市」にランクインするほど有名になった。
過去の動画はYouTubeに溢れている。日本では観られなさそうな派手な景色に息を呑むはずだ。これは是非一度は生で観ておきたい!台北行きの飛行機はハイシーズンで高騰していたが、少し貯まったお金の放出先はここになった。

(とか言ってみたけど、スバルーバル旅行の方が高かったです)

事前に過去の動画や場所の情報を探して情報を集めた。ストリートビューも見ておおよその景色も把握した。
そして当日、ようやく念願の年越し花火を見ることができたのだった。

元旦を越えて落ち着いたところで、今年の動画もYouTubeに上がっているのを見た。そうそうこんな感じ…
http://www.youtube.com/watch?v=wwb0sGenIzk

だが改めて見て、直後に思っていたことが確信に変わる。

今年のはあんまり派手じゃなかったな…

音は終始タンタンタンという音が中心で、圧倒されるような派手な音はなかったのだ。煙で見えないということもあまりなかった。
今年はフランスの業者が担当したというのがこれまでとの大きな違いだが、意図的に煙を抑える花火を使用した結果、比較的大人しい花火になったようだ。

http://tjmw.com.tw/staff/101hanabi/
今年はECOの為スペイン製の花火を使用しており、排気量は今までより4500kg少なく、2/3の削減に相当します。

http://taiwantoday.tw/ct.asp?xItem=199864&ctNode=1887
花火と共に生まれる濃い煙で、後半は常に見づらくなるという指摘に対し、台北101では、今年の花火は欧州から持ち込まれるもので、煙の少なさが特徴と説明。


個人的には少し物足りない気もあったけれど、煙るのを防ぐため同じ所で何度も打ち上げないようにやってるところとか工夫したんだろうなぁと思う次第。
スポンサーサイト
 | HOME | 
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-xxxxxx-x"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。