スポンサーサイト

-- -- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たまってたもの4 ~韓国ネット事情

2007 06 23
結婚式の後の一人韓国旅行はまぁ色々と。

ネットカフェで・・・
Internetなんて表示も見当たらないので
新婦の弟にどこにいけばいいのか聞いたのですが、

「PC」と書いてあるところに行けばいいよ\


そう教えてもらったので、
素直に、そして適当に「PC」と書いてあるところへ行きました。

店員に連れられて個室に向かうも\

そこにはなぜかPC +ベッド。
なんというリラクゼーションスペース(使わないけど)
と思いつつ、PCの動作をチェックしていると、、
店員の口から衝撃の言葉が出てきたのでした。


「おんなよぶか」(英語)


コールガールが来るネットカフェ!!まさかそうきたか。
驚きつつも一応聞きました

「いくら?」
「ナナマンウォン」

レート換算して1万そこらか・・・(既に冷静)
もうちょい安ければとかそんな考えが一瞬頭をよぎるも\


「いらない。メールチェックしたいだけだし」
「あっそう。ビデオも見られるよ。
 ジャパニーズアルヨ」

だって危ないって。ほら病気とか。悪い人とか。っつうかなに始めんだ。

・・・・・・・・・

そこにはゲイのAVがディスプレイに。

「いや俺ホモセクシャルも要らないから・・・」
「あっそう」

そんな気利かさないでほしいです。。

結局、メールチェックして20分そこらで退出。
財布を取り出す。
すると、「お金はいらない」と。

なぜ?


・・・
あぁ・・・

あああぁ・・・


やっぱりそういう店でした。

つまり、ネットカフェ+コールガールorビデオ見放題\

ってことです。
20分ごときでは足しにもならんからタダでいいやになったと推測。

すごいとこ入っちゃったもんだ・・・ビバカオス。

帰りにCD屋に寄り購入。
日本になさそーーーだけど韓国では有名、というチョイスは成功したかに見える。そうでもないか。
イ・スンファンって人。

そう言えば韓国はかなりネットがインフラとして機能している気がしました。
釜山の空港、ネットがただ。
そしてそこに子供が陣取ってネトゲをしているさままで見受けられました。
どいてほしかったけど何て言ったらいいかわからず指を銜えて見ていた25歳日本人男性はその韓国ネット事情を考えるに至ったわけですよ。


その後友人というか幼馴じみに会ったわけですが。
何年ぶりというか初めてって言った方がいいくらいまともに喋って(幼稚園以外全部違ったし)
釜山観光を楽しませていただきましたです。
いや、それはすごく良い思い出になりましたよ?
だだネットカフェ事件に勝る事件性はなかった・・・というだけです。

海外は楽しい。
スポンサーサイト

たまってたもの3 ~韓流ウェディング

2007 06 23
もう何気に相当前ですが

韓国行きました。

韓国には大変申し訳ないのですが、
あまりの近さに今までそんなに行く気にはなってませんでした。

それでも3泊4日で行く気になったのは
友人の結婚式(外国の結婚式が気になった)と、
また別の韓国在住の友人に会える機会があったから。
それなら充分に楽しい、と準備を進めたのです。

さて、韓国式の結婚式。
向かうは釜山郊外の新興都市、昌原(チャンウォン)。
もちろん行く前にあれこれ困る。。

どんな式で
どんな格好していけばよくて
ご祝儀はどんくらい

という基本的なところで。
で、「韓国 結婚式」あたりでググって調べた結果・・・

[特徴]
・親族や先輩でなければ呼ばれないこともある。
 (噂を聞いたら祝いに行く、という風習のため)
・逆のそこら辺の人も参加可能。
・客は着飾らない(新郎新婦より目立つとよくない)程度。でもスーツ。
・ご祝儀の目安は日本円で3000円そこらと激安。
・式は0.5~1時間とさっぱり。
・写真撮りまくり。
・式の後に韓国流の儀式(両家族への挨拶)に移る。

んでこれ、式と挨拶の時の格好です。
後ろ向きかつボケててすいませんが、
めでたいとは言え新郎新婦さらすのも何なので
あえてこの写真で勘弁を。
左はウェディングドレス。右が伝統的なハンボックという着物。


そういえば非常口の人は必死な走りではなかったです(写真左、左上)。
いつぞやのトリビアで言ってましたが。

結婚式は前調査通りでした。追記するべきことといえば、
ランチバイキングのユッケと雪中梅という梅酒がものすごくおいしかったことでしょうか。
あ、あと結婚式の目録?みたいなやつには
「○○家の◎◎氏 と □□家の△△女史」
という書き方になってたのが印象的でしたね。韓国文化出てます。

↓詳しいです。
ミユキの日韓結婚式日韓国際結婚物語\\r

http://www.k-plaza.com/life/marriage3.html

たまってたもの2 ~最近の愉しみ

2007 06 23
最近こちら側で楽しめてしまうそうなので危ういです。

CoSTEP(北海道大学科学技術コミュニケーター養成ユニット)
http://costep.hucc.hokudai.ac.jp/


STeLA(Science and Technology Leadership Association)
http://web.mit.edu/stela07/index-j.html


どちらもサイエンスコミュニケーター関連です。
というかそうだと思ってます。
未来館まで初めて何なんだお前という感じですが。
まぁその考えは下記※とします。

CoSTEPは最近あちこちでやってるサイエンスコミュニケーター養成講座。

科学技術の専門家と一般市民との間で,科学技術をめぐる社会的諸課題について双方向的なコミュニケーションを確立し,国民各層に科学技術の社会的重要さ,それを学ぶことの意義や楽しさを効果的に伝達することができる人材です。(HPより抜粋)

基本サテライトのみですが、参考資料やらSNSやらで(まだ活発でもないですが)まぁまぁやってます。課題むずい。

STeLAは日米国際会議の理系版みたいな位置付けであり、
科学技術に関する国際問題を題材にして、米国の学生と合宿でドンパチするそうです。
ありがたく英語の事前選抜をすり抜け参加権を得ましたが、、MITだか何だかの学生とまともに議論できるのか酷く危ういです((((;゜Д゜)))

これらのせいお陰で8月の週末が潰れました。。


んー今の考えを言うならば、
できることならば最先端を突き進んでいたい。
けれど同時に(というかそれよりも)それを伝えたり、
広く受け入れられるまでのところにいたいなと。
んで、あっと言わせてみたり世界を見る目を変えさせたり\\


してみたいなと思うのです。
それは学祭やら花火やらと似た気持ちであって。

そんなユートピア志向と、また「感性」ってとこと
ぶつかり合う感じのサイトがここ。

名言と愚行に関するウィキ
http://toturev.sakura.ne.jp/totutohoku/index.php


なんつうか、内容が鬼です。毒です。シニカルです。
でもそのロジカルな姿勢たるやレベル高すぎて芸術の域。
上記と併せて脳みそ侵食中。

たまってたもの1 ~ある女友達との闘い

2007 06 23
書く気があまり起きないようです。
こういう時は決まって病んでいます。

ですが今回はまた違う理由がある気もします。
暑い。それも、ひどい蒸しっぷり。
→だるい。

さて今日は冷房付けたので書こうかなと。

ある女性が僕の知人にいます。
その女性、最近少々イタイ子なんです。
今「男を落とすマニュアル」にハマっています。
たまに「これで落ちるの?」とか聞いてくるのですが、
その人のそんな言動にはピンと来るものがありません。
強いて言えばその検証的な態度。
でもそれは彼氏にやっていただきたいのです。

こう言ってみました。

「マニュアルなんて、鵜呑みにするほど痛い目見るでしょう。
 ある人の特殊解を散りばめただけで、
 そこに根拠に乏しい経験論をあてがった・・・
 というような本を殊更に信じるのはいかがなものか。」

という趣旨のことを言うと、
彼女からの反論はこう。

「でも途中まで読んだけど1つだけ自分がやってた事がある。
 その結果(今の彼氏と)付き合うことになった。
 だから、1つくらいは当たってるかもよ。」

やり取りはここでいったん途切れており\\


もう少し詳しく聞いてみたいところではありますが、

とりあえず順序逆で思い切り結果論であり\\


宝くじを過去に1億出た店で買うみたいな誤った考え。

つか
全部当たらないとも言ってなければ
当たってりゃ嬉しいだけにしかならない。
まぁわからんですが、今宵もマニュアルを\\


ふんふん読みふけってるのかもしれません。。。


---フォローな仮説---------------------------------

そもそも目的が「落とす」ではない
 →リアクション実験
  (既に彼氏がいるため必死である必要がない)
 →ただの占い的お遊び
  (本の内容が「当たる」かに注目している点より)

--------------------------------------------------

だったらこの話する必要なんかないのにね。
マニュアルは一種のエンタメに過ぎない点で合意するから。

でもなぜかマニュアルに鼓舞されて、
やたら気合が入っているのです・・・

こちらとしてもマニュアル通り「うんうん」としてやれればいいのですが、残念ながらそんな情けをかけていられません。。

 | HOME | 
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-xxxxxx-x"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。