スポンサーサイト

-- -- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

i 脳

2007 05 31
先日どこかで

「Googleの技術開発のトップは脳科学を専攻していたらしい」

というのを耳にしました。
それだけでもちょっぴりうれしい気がしてしまう小市民的院生俺。

というわけで探したら見つかる。
 Googleの研究開発リーダーは脳科学者 - 生命の理解、そして「理解」の理解。
 http://brainscience.blog92.fc2.com/blog-entry-29.html


結局、誰なんだろう。。
まぁわかんないのは残念でしたがそれよりもですよ。
そんなある意味「あっそう」で済みそうな話がどんでもないことになってました。


GoogleとAppleのコラボによる、
"iBrain" "iMatrix" なる次世代インターフェース。


これは本気だったらよだれがたれるというもの。

 iBrainとiMatrix~次世代インターフェース・バーチャル空間??
  - 脳とネットワーク/研究留学日誌
 http://blog.livedoor.jp/brain_network/archives/50740485.html


iBrain 1.0は脳波ゲームみたいなもんで、
ヘッドギアで測った脳活動を、PCへ送って操作する感じで。

iMatrix 1.0はその脳活動の情報をGoogleがリアルタイムに処理してネットのサービスを享受できるようするんだとか。

マイミクの脳活動とか言って
「あーあいつ今日うごいてるわ」的な話ができるんだろうか。
「今日の脳波」→「結果を日記に書く」みたいな。
うん、すいません、発想が貧困です。

スティーブ・ジョブズのコメントいわく
「iBrainとiMatrixは、いわば新感覚のヨガのようなもの」
だそうで、ああ、なるほど。
自分で見て、自分でそれを制御して生活する的な。そっちか。

これを思い出します。
 参加者の脳波で音楽を作るコンサート - WIRED NEWS
 http://hotwired.goo.ne.jp/news/20030331305.html


脳活動というか思考や発想の過程なんぞを可視化でも可聴化でもして、
生活やコミュニケーションの一助としたらさぞ楽しかろう。
(繰り返しますが僕の発想は貧困です)

それにしても、、うわーーーこれからんでみたい。

iBrain 2.0~では、神経細胞の活動を計測するインターフェースのために、
非侵襲的な究極の計測技術の開発を目指すんだとか。
iMatrix 2.0ではそのデータの保存。

ここまでいったら人間の感性とやら、解明できるんじゃないか。
あーあれ、あれなんだけどどう言ったらいいかわからないってのも一発解決なんだろう。

GoogleとAppleが手組んでたらものすごいスピード感になりそうな気配。
とりあえず国内ではほとんど情報がない感じなので
次の情報が待ち遠しいところです。




とわくわくしていたらこれ嘘だそうですよと。
スポンサーサイト

GW後半

2007 05 06
5/1~5
祖母のもとを訪れる予定を入れながら、鳥取旅行。
繁忙期に1人で行くと、旅館組合に嫌われます。儲からないからです。
そんなこと目の前の旅行者に言われてもどうしようもないけれど、そうですね。


砂丘!
それだけでも結構新鮮だったのですが、、
夜がもっと凄かった・・・


満月の中の砂丘の景色は、まるで色を失ったよう。
しかも広大な場所にぽつんと一人。
ちょっと風が背中を撫でると、怖い(笑)
何者かに狙われていたら絶対にやばかった。。
サバンナではぐれたインパラが生きていけるはずがない。

それにしても、幻想的な空間を味わえて満足。
あと寿司うまかったです。あじといわしの活〆が特に。

他には、少し足を伸ばして山奥の三徳山三佛寺。
岩のくぼみにお堂がはまっている投入堂。
それがどう建てられたか今だ謎という珍建築。
昔の方は味なマネをなさいますこと・・・


ご覧のとおり、世界遺産に登録されることを目指しているので、
がんばっていただきたいものです。

三徳山三佛寺
http://www5d.biglobe.ne.jp/~mitoku/

---

さて、帰ってきてからは、何やらまた珍な経験をさせていただきました。
日本橋のマンダリンオリエンタルのオリエンタルラウンジ・・・
での、「タパス モラキュラーバー」にて。

マンダリン オリエンタル 東京 | オリエンタルラウンジ
http://www.mandarinoriental.co.jp/hotel/592000170.asp

そこにあったのは・・・
ソトコトかなんかで見たような記憶がありますが、
液体窒素とか塩化カルシウムとか使う料理のお遊びでした。
それがどれほどのものかって、、、


左をカレーパンと呼んだり、右を味噌汁と呼んだり。
料理で遊んじゃダメですと言われそうな。
ですが、出てくる料理はどれも美味しく、
科学ネタには思わず食いついてしまうようなネタの数々でした。

目の前の料理人がいじくる食材を見て、
料理を当てようとするも裏切られる。そんなのがまた面白い。
カレーパンとか無理だから。

そんなわけでゴールデン終了してしまいました。
いつにも増して充実の週間になったのでちゃんと記録。

さて、がんばりますか!

GW前半

2007 05 06
4/30、玩具花火大会@新丸子。
いつの間にか10万近くにまでなった予算で打ち上げしてきました。

花火写真家の福田武さんによる撮影会、の為の花火
というのが、今回のもの。
ちょっと前までお客さん200人位の見込み・・・ってことでびびってました。

福田武さん
http://www.takefuku.com/

さて花火ですが。
U字だらけ、即火線(とても燃焼速度の大きい導火線)、電気点火器まで登場。。

u字

警察、消防、国土交通省に許可までとってある気合の入れよう。
もう遊びの域超えてきたな・・・と戸惑いは隠せません。
でも、楽しい(笑)

飛び魚100発!紅先錦冠200発!

・・・と言われても何のこっちゃという感じですが、
普段ちょろちょろっと買ってきて1発ポンとやるものを
これだけやるとなるとどうなるかは・・・
想像はつかないでしょう。

割と人任せで現場担当、、、という感じで関わりました。
けど、現場に問題ありでした(全くないなんてことはないのだけど)。
火花が地面を這っている様子がしっかり写真に残っちゃったりしてたらもう。
倒れてしまったとしても被害のない方へ倒れるようにはしてますが・・・

花火が電気点火メインになりつつある中で、
電気点火ならではの準備中の事故もあるらしいです。
なんかマニアックな話になりましたが。

まぁそんな話をよそに、お客さんには何事もなく
驚きと感動の嵐だったようでほっとしました。
朝から準備した甲斐もあるというものです。
おつかれさまでした!

自分では撮れないので主催者の福田さんが撮ったものを拝借。


朝から準備したから1日でやたらに焼けました。。

---

5/1は科学技術コミュニケーターな日に。
日本科学未来館ボランティア採用と北海道大学科学技術コミュニケーター養成ユニット(CoSTEP)の選科生通過の通知が同時に来ました。
旧ブログにいくほど前につらつら書いたんですが、興味あったんですよね。

それにしても、受講料無料だけど教材費かかるのにはやられた・・・
誤解招くと思う。招かれた身として。
まぁ、今年は楽しめそうです。

日本科学未来館
http://www.miraikan.jst.go.jp/

CoSTEP
http://costep.hucc.hokudai.ac.jp/
 | HOME | 
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-xxxxxx-x"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。